top of page
曽根田駅前クリニック

院長 中島  大 
なかじま まさる

福島県立医科大学を卒業後、白河厚生総合病院にて研修。

その後、福島県立医科大学附属病院で放射線治療医として主にがん治療に携わってきました。

開院までの約4年間は須川診療所にて、一般内科診療(風邪や腹痛、頭痛、咳、アレルギー性疾患、不眠やストレスなど)や生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、​糖尿病など)、訪問診療、終末期ケア、画像診断業務に従事。

県立医大在籍時から県立医大会津医療センターの三潴忠道教授(写真右)のもと漢方診療(湯液)を、鈴木雅雄教授(写真左)のもと鍼灸治療の研修を行い、西洋医学、東洋医学、不定愁訴から終末期医療まで幅広く疾患を学んできました。

ご家族みなさんで通院できるクリニックを目指しています。
小さなご相談からお気軽にお声がけください。

前職場、きらり健康生協 機関紙「いのちの炎」での寄稿です。生い立ちや、学生時代、開院に至る思いなどを綴りました。

曽根田駅前クリニック
bottom of page